【比較は多機能とメリットが基準】ワークフローの選び方

ワークフローを比較して、効率アップを目指そう!

ワークフローの機能リスト!

  • フリーフォーム作成
  • 承認ルート作成・承認機能
  • 申請機能・申請書作成
  • 検索・閲覧機能
  • モバイル利用機能
  • 滞留防止機能
  • 文章管理
  • コメント機能
  • CSV出力機能
  • クレーム報告機能

ワークフローの選び方ランキング

no.1

会社の規模にあっているか?

会社の規模によってワークフローが利用できるできないがあります。会社に1000人いるのに100人規模のワークフローでは、何の役にも立ちません。選び方では、先に対応人数を確認することが多いです。

no.2

初期費用が抑えられるか?

初期費用がかかるケースもあるため、費用に関しては少しでも抑えたいという方も多いです。初期費用が高くて、機能が少ないのよりは、その逆の方が選ばれるのは一目瞭然。なので、初期費用のチェックは大事です。

no.3

使いやすさ

たとえ導入しても、使いこなせないなら意味が無いです。そのため使いやすいワークフローが選ばれます。また費用と使いやすさは一緒に検討されることが多いです。

no.4

無料のお試しサービスがある

使いたくても、わからないというなら無料お試しサービスがあるワークフローで体験することも大事です。悩んだら使ってみるのも手です。

no.5

機能が充実しているか?

使いたい機能が無いなら、使う必要がないです。なので機能で選ぶことも大事です。ただあっても使いやすさも重要です。多機能より、使える物が多い方が重宝されます。

【比較は多機能とメリットが基準】ワークフローの選び方

女の人

今までの承認業務

今まで承認業務は、決済する担当に書類を渡して承認してもらう流れでした。しかし、その担当者が外出していたり、出張していたりとなると、とても時間がかかりました。その流れは効率にも影響があります。でもそんな時に現れたのがワークフローです。

ワークフローとは?

ワークフローと聞くと、わからないという方は必見です。ワークフローというのは今までの申請書類を作る手間が減り、ペーパレスにも繋がるためとても経営者にとって、プラスしか無い便利機能満載のビジネスツールです。

ワークフローのメリット

詳しいメリットといえば、決済者が外出していても、スマホやタブレットでも申請書を確認することができるので、会社に戻るのを待たなくても良いのです。それにペーパレスにできるということで大きな経費削減になるため、その分を他の予算として使える様になるのでメリットばかりです。良いワークフローを選ぶには必ず、いくつかと比較して決めてください。

広告募集中